2012年11月アーカイブ

むじんくん申し込みの流れ

むじんくんで申し込む流れを説明します。
最近はWEBで申し込み、審査を受けて、契約、融資をむじんくんで行う場合が多いですが、手っ取り早く済ませたい方にお勧めのむじんくんからの申し込みです。

・むじんくんに来店し、むじんくんの前にある椅子に座るとセンサーが反応し、受付センターにつながります。
・カメラが設置してあるので、自分の様子は相手に見えています。
・オペレーターに従い、申し込み書を記入します。
・申し込み書をカメラで取り込み、送信します。
・本人確認書類である免許証をカメラで送信、タッチパネルで操作します。
・住所を入力します。
・暗証ナンバーを入力します。
・審査に通れば契約書の記入に入ります。
・契約書控えを発行
・カード発行

これで終了です。全体的に30分から40分ほどで終わります。

カードが発行されたら、ATMに行き暗証ナンバーを入力すれば限度額内の希望融資金額を入力すれば引き出せます。

むじんくんの申し込み時間は土日祝も含む9:00?21:00の間であれば即日融資を受けることができます。
この時間内に行くように注意しましょう。

窓口での受付もあり、平日の9:30?18:00であれば丁寧に対応してもらえるので、細かい質問をしてから契約したい場合や、機械が苦手な方にはおすすめです。

本当にパートでも大丈夫?

アコムの申し込み条件は、20歳?69歳の方で、安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方とあります。

つまり、正社員などである必要はなくパートやアルバイトであっても、学生や派遣社員などであっても安定した月々の収入があれば申し込み可能となっています。

しかし本当にそれでも貸してもらえるのか不安な方も多いと思いますが、大丈夫です。

パートやアルバイトだと年収がどうして低くなり、100?200万ほどの方が多いと思ます。
融資してもらえる金額は、年収の1割程度を基本として考えてください。
たとえば年収が100万円のパートの場合は、10万ほどなら融資確実でしょう。
年収が低くても、確実に働いていて在籍確認が取れれば審査には通過するはずです。

また、借りては返すを繰り返していけば、限度額は年収の1/3までなら増枠できます。

逆に正社員で年収が1,000万以上あったとしても他社からの借り入れが300万以上で融資を断られた、という方もいます。

大切なのは、収入と融資額のバランスですので、希望融資額には年収の1割程度でまずは申し込みましょう。

また、バイト先に在籍確認の電話が来ますが、オペレーターの個人名で呼び出してもらい、その後生年月日や住所を言わなくてはいけないので、あらかじめバイト先の人に、クレジットカードに申し込んだから確認の電話がくるかもしれない、と断りを入れていけばやり過ごせるでしょう。

申し込み時に注意すること

申し込みをすると、その情報が個人信用情報センターに蓄積されていきます。
この情報は同系列の消費者金融と共有しています。

たとえば、アコムに申し込む前に他の金融機関に申し込みをしていた場合に、その時記入した年収などと違う年収でアコムに申し込んでしまった場合、年収はそう短期間に変化するのはおかしいので審査に落ちる可能性が高くなります。

また、短期間に何度も申し込みを繰り返すと、申し込みブラックと言って、門前払いを食らうことになります。
最低でも6ヶ月は開けて申し込みをしましょう。

申し込み時に記入する事項では正直に書くことが前提ですが、勤務期間などがあまりに短い場合に偽る方も少なくありませんが、1年以上であれば審査に響きにくいので、正直に書くか1年以上経つまで待ってから申し込みをしましょう。

また、嘘を書いたつもりではなくても記入ミスは嘘と同じです。
電話番号や住所などは最も重要なので、自宅、勤務先の詳細はきっちり正確に記入するようにしましょう。
それだけでも審査に落ちてしまい、6ヶ月開けなくてはいけなくなってしまいますので十分注意しましょう。

つまり申し込み時に注意することは「正直に、正確に書く」だけです!
ですがこれが最も大切で、注意すべきことであることをしっかり頭に入れておきましょう。

申し込みに必要なもの

アコムの審査に必要なものは、免許証のみです。
免許証がない場合は、健康保険証かパスポートの提出が必要です。

また、50万以上の借入を行う場合は、収入証明書が必要になります。
収入証明書とは、給与明細(1?2ヶ月分)や源泉徴収票などです。
他社からの借入が100万円を超える場合でも、収入証明書が必要になってきます。

基本的にはこの2つのみですので、すぐに用意できると思います。
これらを持って9:00?21:00にむじんくんに行けば、その場で融資を受けることができます。

WEBから申し込む場合には、写真をとってアップロードするか、FAXや郵送などの方法がありますが、むじんくんではカメラが付いているので、簡単に確認することができる為、よりスピーディーに対応してもらえます。

アコムでの必要書類はこれだけですが、ブラックになったりした後に貸してくれるような金融機関だと、これだけでは済まなくなります。
さらには事務所に直接行って面接をするような会社もあります。
それだけならまだしも、金利がケタ違いに高くなったりしまい、返済期日も厳しくなっていきますので、アコムのような優良な消費者金融に借りられるうちに、借りては返すを徹底しておきましょう。

アコムの審査に通過しよう!

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループで、信頼と実績のある消費者金融です。

金利は4.7%?18.0%と低めの設定で、限度額が500万まででおまとめローンなどにも対応していますので利用の応用度が高く、決め細やかなサービスが人気の理由になっています。

アコムは審査に通りやすく、かといって誰でも審査に通るわけではありませんが、一言で言うならば、「仕事をしていて、収入がある成人」であれば、まず問題ないでしょう。

お金を借りる時、ほとんどの方がこの「審査」にドキドキしてしまい、そういった不安に付け込む闇金なども多いですが、ちょっと冷静になって、審査とはどういうものなのかを知れば不安はなくなるはずです。
アコムのWEBサイトから3秒で融資可能か仮審査結果を見ることができ、本審査前に受けておくと良いでしょう。

アコムのお勧めは、金利、サービス、限度額に加え、カードの色もポイントです。

実際にお財布に入れてみると派手なカードローンが多い中、ACカードの地味さは一押しです。

また、家族にバレたくない!という相談にも親身に乗ってもらえ、オペレーター個人名で在籍確認をしてくれたり、書類を送付したりしてくれるので安心して利用することができます。

審査はこんな感じです

「審査」と言うと、大体想像つくとは思いますが、申し込み者の職業、年齢、住まいの種類、保険の種類、勤務先情報などから、返済能力を測り、融資可能か、限度額はいくらかをはじき出します。

こういった属性による審査にあまり厳しくないのがアコムです。
住宅ローンを抱えていても、逆に3000万以上の審査に通った実績があり、返済に滞りがないとポジティブにとらえることもできるからです。

アコムの審査で重要視されるのは、こういった属性ではなく確実に在籍確認が取れるということです。

借入とはつまり、借入したその日から返済が始まるわけですから、返済が出来る人材でなければ困ります。
返済するためには、収入がないといけません。
収入は高収入でなくとも、どんな中小企業でも関係なく、確実に働いている人であればいいのです。

在籍確認は、希望の時間帯に電話がかかってきます。
これは避けることはできませんが、オペレーターの個人名でかけてくれるので安心です。
また、申し込み時に記入した勤務先電話番号などに記入ミスがあるとそれだけで審査に確実に落ちてしまいますので、十分注意しましょう。

また、過去に借金の借り逃げや、自己破産をしている場合には確実に受かりません。
あとは他社からの借り入れが高額の場合や、4件以上の場合は融資額が低いかもしれません。

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。